阿佐ヶ谷美術専門学校における「後期授業方針」

 新型コロナウイルス感染症への対応として、実施しておりましたオンライン授業ですが、大きな問題もなく無事前期を終了できましたことは、皆様のご理解、ご協力の賜物と感謝致しております。現在も新型コロナウイルス感染症は収束していない状況ではありますが、早い収束を祈念しつつ、阿佐ヶ谷美術専門学校は創意工夫と熱意を持って後期授業を実施する所存です。
 前期と同様オンライン授業が中心となるコースもありますが、教育の質を下げることなく、オンラインの利点を生かした授業を行います。施設や設備を利用する対面授業も少しずつ増やしてまいりますが、3密を避けるため教室に教職員、学生が密集しないような時間割構成、換気の徹底を行なってまいります。アルコール消毒液も常備致します。登校、来校の際には手洗いの励行、マスクの着用は変わらずお願いいたします。 前期中も継続しておりました奨学金関係、就活支援、カウンセリングなども引き続き充実させてまいります。
 しかしながら、万が一新型コロナウイルス感染症が更に拡大する状態となった場合、(政府・東京都からの自粛要請や杉並区内感染者が1日30名を超えた場合等)授業計画などを変更する可能性がございます。予めご了承の上、今後ともご協力の程よろしくお願い致します。
2020/10/12