基礎学年

1年次の前期は全ての科の基礎となる学習を経験し、自分の能力の再発見や、これからどの専門分野に進むのか焦点を絞っていく期間としています。入学前と後で自分の希望する専攻科は変っても、後期の時点で転科が可能です。後期は各科専門分野に分かれて専門基礎を学び、2・3年次の専攻に備えます。

1年次の流れ

前期4月〜7月 共通基礎

描写表現
自然の対象物を描写することが基本。そこから想像上のイメージを目に見える形で表現します。
物語描画
オリジナルの物語を考え、絵と関係づけて未知の世界をつくりだします。
平面構成
グラフィックデザインの基礎を学び、イメージと文字の組み合わせによる視覚伝達デザインへと展開します。
情報編集
身の回りにあるデータを集め、それを人に伝える情報として編集。編集次第で情報の伝わり方が変ることを学びます。
写真映像
動く対象を静止画にする写真から、画像を組み合わせて動画にする映像へ展開します。
立体造形
素材を組み立てた立体やイメージをモノに置き換えた造形などをつくり、設置する空間との関係を考えます。

後期9月〜12月 専門基礎

視覚デザイン基礎
レタリング実習
映画のポスターデザイン
オリジナルマガジン制作
色彩演習・デジタルフォト演習
Webデザイン基礎演習
キャラクターデザイン基礎
アニメーションワークショップ
シナリオ(ネーム)基礎演習
マンガ基礎演習
デジタルアニメーション基礎
デジタルイラスト基礎
Webデザイン基礎
映像メディア基礎
映像編集基礎
モーショングラフィックス基礎
Webデザイン基礎
デジタル基礎
リビングプロダクトデザイン基礎
モデリング実習
描写演習(スケッチテクニック/作図基礎)
デザイン制作(パッケージデザイン、照明デザインなど)
イメージクリエイション基礎
3Wワークショップ(木工実習/ライブアート/変容)
10mの表現(10mのロール紙に自分の感性を定着させるには)
「二つのバベル」(コマ撮り/映像編集/展示/発表)
平面から立体へ(絵画をモチーフにして立体作品を造形する)テーマ制作
絵画表現基礎
拡大して描く
複数で表現する
デジタル描画/「絵画を見る眼」
想像による空間を描く
描写表現を基本に絵として成立する表現を目指す。