基礎学年

1年次の前期は全ての科の基礎となる学習を経験し、自分の能力の再発見や、これからどの専門分野に進むのか焦点を絞っていく期間としています。入学前と後で自分の希望する専攻科は変わっても、後期の時点で転科が可能です。後期は各科専門分野に分かれて専門基礎を学び、2・3年次の専攻に備えます。

1年次の流れ

前期4月〜7月 共通基礎(6演習)

描写表現
自然の対象物を描写することが基本。そこから想像上のイメージを目に見える形で表現します。描写表現作品
物語描画
オリジナルの物語を考え、絵と関係づけて未知の世界をつくりだします。物語描写
平面構成
グラフィックデザインの基礎を学び、イメージと文字の組み合わせによる視覚伝達デザインへと展開します。平面構成
空間構成
切る・折る・組むなど立体デザインの基礎を学び、素材の特性と実用を考えたものづくりへと展開します。
写真映像
動く対象を静止画にする写真から、画像を組み合わせて動画にする映像へ展開します。写真・映像
立体造形
素材を組み立てた立体やイメージをモノに置き換えた造形などをつくり、設置する空間との関係を考えます。立体造形

後期9月〜12月 専門基礎

視覚デザイン基礎
グラフィックデザインに必要な情報の編集と視覚伝達、構成の基礎とスキルを学び、デザインに必要な技法や知識を多角的に身につけます。 後期 視覚デザイン基礎
リビングプロダクトデザイン基礎
素材の特性を「カタチ」に生かし、人と共感できる「モノ・コト」を考え、実験や体験を通じ「プロセス」を学ぶ。ものごとを見る目、表現する力を養います。 後期 リビングプロダクトデザイン基礎
キャラクターデザイン基礎
アニメーション、マンガ、イラスト描画の基礎技術/知識を、実習を通して身につけワークフローを学ぶ。アナログ、デジタル描写等の表現の違いを通して独自の描写を考察します。 後期 キャラクターデザイン基礎
映像メディア基礎
映像を介して他者にメッセージを伝えることの重要性を学び、さまざまな映像表現を可能とするワークフローを身に付けます。 後期 映像メディア基礎
イメージクリエイション基礎
自分自身の「好き/嫌い」を再考し、同時代の美術に根ざした表現ができるための考え方と表現方法を学びます。 後期 イメージクリエイション基礎
絵画表現基礎
観察して描写することを基本に、構成・描画技術・完成度を高める。絵具による描画、デジタルによる描画技術、レクチャーで絵画全般を学んでいきます。 後期 絵画表現基礎