このコースに入ると

制作に必要なテクニックが身につきます
複数のメディアを体験できます
現代アートの歴史が学べます
アートを通じて世界を見る力を養います

目指せる職業

  • アーティスト
  • マンガ家
  • イラストレーター
  • グラフィックデザイナー
  • 映像クリエイター
  • フィギュア作家

イメージクリエイションコースのカリキュラム

  • 造形心理・芸術表現
  • 社会とアート1,2
  • メディアアプローチ
  • フィギュアワークショップ
  • 立体ワークショップ
  • イメージクリエイション演習1,2

授業ピックアップ

イメージクリエイション演習
自分の表現が作品になるとはどのようなことなのかを理解し、展示までを含む作品制作を経験しながら、表現者としての自覚を高めます。アーティストとして作品制作に関わる姿勢を身につけます。
メディアアプローチ
映像やイラスト、音楽など、様々なメディアを使いデジタルとアナログの垣根を超えた作品づくりをします。
社会とアート
アートが社会の中でどんな役割を果たせるのか国内外の事例を参照し、地域アートプロジェクトの企画や実践を行います。
からだのじかん
現役のコンテンポラリーダンサーを講師に迎えて、表現にとって切り離せない要素としての「からだ」の問題を学びます。ストレッチやダンスを経験して「からだ」への意識をかきたてます。
 
1
9:30〜11:00
  造形心理ワークショップ     シルクスクリーン版画F  
2
11:00〜12:30
社会とアート イメージクリエイション演習   自主制作
3
13:30〜15:00
現代アート研究 立体ワークショップ キャラクターデザインA WebデザインA クロッキー土曜クラスA
4
15:00〜16:30
5
17:00〜18:30
フィギュアワークショップ ブランディングA 自主制作 メディアアプローチWS    
6
18:30〜20:00
     

先生ピックアップ

ニシモト タロウ先生

イメージクリエイションコース:イメージクリエイション演習・メディアアプローチワークショップ
専門:美術家/ディレクター

いつもの景色が新鮮に見えるために

「今までアートと呼ばれてなかったけれど、コレもアートじゃない?」という大喜利のようなゲームがあります。現代美術のある側面です。この授業ではパソコンを使って、モニタや学校の外側などで、さまざまな表現アプローチを試みていきます。必要なスキルは面白がって、まず挑戦してみましょう。新しい眼差しを持つことによって、世界はワクワクするものに変わっていくはずです。